ヘッダー

融資保証金詐欺

延滞などの記録が信用情報機関に残っていると、金融機関に借り入れも申し込みをしても審査に落ちてしまいます。それで、どこか貸してくれるところはないかと探している時に、ある会社からダイレクトメールが届きます。内容は「あなたは既にブラックリストに登録されていますので、それを解除するには、登録解除費用と融資返済金の振り込みが必要です。」というものです。この言葉を信じてお金を振り込み、200万円以上のお金をだまし取られる事件がありました。

これは、融資保証金詐欺と呼ばれる詐欺の手口です。融資保証金詐欺では、融資を申し込んできた相手に、「審査は通りましたが、融資を実行するためには、保険加入が必要です。保険掛金と手数料を先に振り込んでください。」といってお金をだまし取ることもあります。

「ブラックリストに載っている」、つまり信用情報機関に登録されている事故情報が、第三者によって解除されることはあり得ませんので、そのようなダイレクトメールが来たら、無視してください。また、融資を申し込んだときに、先に保険料を求めてくるのは明らかに詐欺ですので、応じないようにしましょう。また、お金を借りるときは、信頼できる登録業者のみを利用するのが鉄則です。少しでも不審な点がある業者には絶対に接触しないようにしてください。

 

特に主婦の方はこういった詐欺に引っかかりやすいので注意が必要です。融資を受けるにあたって安全な金融機関を選ぶようにしましょう!

知名度のある金融機関や融資を受けるにあたっての役立つ情報などが掲載されているサイト→家族に内緒でお金借りれる!専業主婦OKのカードローンまとめ